障害者自立支援法対応補聴器


自立支援法対応製品のご紹介

障害者自立支援法対応補聴器、FMシステムをご用意しています。

障害者自立支援法には、障害程度等級に該当した場合、市区町村の福祉課へ申請することで補聴器の費用が支給される制度があります。
補聴器購入の補助制度は居住する市町村により異なります。

詳しいことは、居住する市町村の福祉法担当窓口に問い合わせてみることをおすすめします。

補聴器だけでなく、FMシステムも 自立支援法に対応した製品をご用意しています。

詳しくは、お問い合わせください。
 

障害者自立支援法とは

補聴器などが支給される障害者自立支援法とは?

障害者自立支援法には、身体障害者障害程度等級 のいずれかに該当した場合、各市区町村の福祉担当窓口へ申請手続きをすることで、原則一律 1 割の自己負担で補聴器など補装具の費用が支給される制度があります。

※ 自己負担額は原則 1 割負担となります。ただし所得によっては例外もあります。

聴覚障害等級
級別 対象器種の目安 障害の状態
2 級 重度難聴用 両耳の聴力レベルがそれぞれ 100 デシベル以上のもの (両耳全ろう)
3 級 両耳の聴力レベルが 90 デシベル以上のもの
(耳介に接しなければ大声話を理解し得ないもの)
4 級 高度難聴用 1. 両耳の聴力レベルが 80 デシベル以上のもの
(耳介に接しなければ話声語を理解し得ないもの)
2. 両耳による普通話声の最良の語音明瞭度が 50% 以下のもの
6 級 1. 両耳の聴力レベルが 70 デシベル以上のもの
(40 センチメートル以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
2. 一側耳の聴力レベルが 90 デシベル以上、他側耳の聴力レベルが
50 デシベル以上のもの

※ 目安として 2 級 ・ 3 級に重度難聴用、4 級・6 級に高度難聴用の補聴器が支給されますが、例外もありますのでご注意ください。

障害者自立支援法に対応した補聴器の支給を受けるには・・・

まずはお住まいの市区町村の役所内 「福祉担当窓口」 にご相談ください。

※ 補聴器支給までの流れが、各市区町村により異なる場合があります。

 

 

 

Top