補聴器作成の流れ


お客様にぴったり合った補聴器を選んでいただくために以下の工程を進めていきます。

 

まずは、耳の中の状態を確認させていただきます。

 

矢印

簡単な質問を、させていただきます。

  • 中耳炎などで過去90日以内に耳漏がなかったか。
  • 過去90日以内に突発性または進行性の聴力低下がなかったか。
  • 過去90日以内に左右どちらかの耳に聴力低下がなかったか。
  • 急性または慢性のめまいがないか。
  • 外耳道(耳の入り口から鼓膜の手前まで)痛みまたは不快感がないか。
  • 耳垢が多くないか。
  • 500,1000,2000Hzの聴力に20dB以上の気骨導差がないか。
  • 耳の手術などによる耳の変形や傷がないか。

上記の8項目のうちどれかに該当する場合には
耳鼻咽喉科医師にご相談されるようにお勧めします。

 

矢印

聴力測定

気導、骨導測定、言音明瞭度測定(言葉の聞き取り)を行います。

測定結果による補聴器選定

 

矢印

試聴

試聴補聴器による装用効果測定
装用補聴器タイプの選定
耳掛け型、挿耳型、箱型、めがね型

ご希望により試聴貸し出し致します。大事なことですぜひ試してください
1週間~3ヶ月を目安にご自身の使用環境でお試し下さい。
また、その間も気になる音があれば補聴器の調整をしましょう。

 

矢印

御注文

耳型の採取
オーダー補聴器、耳型耳栓をご注文の方は1週間前後完成までかかります。
再度御来店いただき装用説明ならびにフィッティング
1週間位後に再度ご来店いただき御感想気になること等をお聞かせいただき再度微調整します。
お気に召すまで何度でも再調整します。
自分の生活環境にあった音作りをしましょう。

補聴器は調子がよくても3ヶ月を目安に点検にお持ちください。
毎月でも点検、クリーニングは無料で実施しております。
ぜひご利用下さい。補聴器の故障率が軽減します。

補聴器の価格は1台¥40,000~¥450,000です。
最多販売価格帯は平均1台
¥100,000前後です

 

 

Top