補聴器購入の前に


★ 補聴器の購入を考える前に

補聴器は難聴者が補聴器販売店以外で購入しても、機能を発揮することができません。

それは自分の聴こえに合った調整を補聴器に記憶させないといけないからです。

そして自分の聴力に合わせて調整しても難聴者は、

今までの聞こえと違うので、いきなりの使用は難しいです。

脳が今までの音と違うと、拒否反応を起こすからです。

音に対して反応が鈍くなっているので、少しずつ優しい音から認識できるように、

時間をかけて練習をします。

まぁ、『耳のリハビリ』が始まると思えば良いでしょう。

何度も試聴用の補聴器を調整して、少しずつ使用時間を延ばして、

少しずつ会話する人数を増やし、少しずつ騒がしい所で使う練習をします。

そしてその都度、認定補聴器技能者がお客様の使用感・ご要望を参考に調整します。

多くの方は、3ヶ月位で補聴器の聴こえに慣れていただけます。

それから補聴器の購入を検討していただければ、良いのではないでしょうか。

その時期には補聴器の良さ、限界が理解していただけるかと思います。

そしてより充実した、ご友人・ご家族の方々とのコミュニケーションを楽しんでください。

(※すべての難聴者が不自由なく、会話が出来る訳ではありません)

残念ながら補聴器にも限界があります。

聴力測定の結果、どれくらい補聴器によって、聴こえの改善が出来るかをお話させていただきます。

 

Top